くらし情報『のんが選んだ「1話10分の全5話」ドラマは、女優復帰の足がかりになるのか』

2018年8月26日 19:00

のんが選んだ「1話10分の全5話」ドラマは、女優復帰の足がかりになるのか

のんが選んだ「1話10分の全5話」ドラマは、女優復帰の足がかりになるのか
4年ぶりに女優業を再開した、のん
NHK朝の連続テレビ小説『半分、青い。』で主演の永野芽郁(18)の元には、現在、テレビや映画、CMなどのオファーが殺到しているそうです。

2013年に放送された『あまちゃん』で脚光を浴びた、女優の能年玲奈(当時の芸名)は、放送後の上げ潮に乗り損ね、スポットライトから遠い場所を歩く羽目になりました。

現在の芸名はのん(25)。所属事務所と対立したことで、芸能活動の幅を狭めました。アーティストとして創作や音楽活動をしていますが、願いは女優活動再開。

それがやっとかなったのです。

■バックアップするのは小泉今日子

映画『海月姫』以来、4年ぶりに、ニュースサービス「LINE NEWS」初のオリジナル連続ドラマ『ミライさん』(9月8日スタート・全5話、毎週土曜午後8時)に出演することが決まり8月22日、発表会見に出席。

事務所からの独立騒動は約3年に及びました。

2016年6月、所属事務所は「昨年4月から能年と話し合いが進まず、仕事を入れられなかった」と発表しました。事務所の要求は、15か月分の契約延長、契約満了後に「能年玲奈」の芸名を使用する際は事務所の許可が必要であるということ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.