くらし情報『金足農・吉田輝星投手「将来の希望」本音ポロリで動揺する大人たち』

2018年8月28日 11:00

金足農・吉田輝星投手「将来の希望」本音ポロリで動揺する大人たち

金足農・吉田輝星投手「将来の希望」本音ポロリで動揺する大人たち
秋田県立金足農業高校の吉田輝星投手
秋田県勢で103年ぶりとなる、甲子園準優勝を果たした県立金足農業高校野球部。そして、一人の“東北の怪物”が、甲子園の主役となった。

吉田輝星投手、18歳。

彼は、ジャパンU-18の日本代表にも名を連ねている逸材。注目される進路は、プロか大学進学か、それとも社会人か。今後の動向に注目が集まる中、本人がつい本音をポロっとこぼしたことで、ちょっとした騒動になっているのだ。

■ポロリと出た本音

「高校で準優勝報告会のあとに『好きな球団?巨人。入りたい?行きたいです』と将来的な希望を口にしてしまったんです。

本人も地元の人に祝福されてテンションが上がりすぎたのかもしれませんが、これを聞いて驚いたのが金足農の中泉一豊監督(45)と、すでに大学進学の内定を出している八戸学院大の正村公弘監督(54)なんですよ」(スポーツ紙記者)

吉田投手は高校2年生の頃からスタミナアップのために、冬場に徹底した走り込みを重ねてきた。雪の中、長靴を履いての長距離走や、室内練習場でのダッシュに取り組んだ。

下半身を強化して太ももがたくましくなり、しゃがむたびにパンツが破ける。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.