くらし情報『『探偵が早すぎる』気になる結末は? 滝藤賢一の差し入れに現場がイラッ!?』

2018年9月5日 21:00

『探偵が早すぎる』気になる結末は? 滝藤賢一の差し入れに現場がイラッ!?

(中山P、以下同)

千曲川は、5兆円もの莫大な遺産を相続することになった一華の身辺警護を橋田から依頼される。

一華の父のきょうだい、大陀羅一族は最初に一華を殺した者が遺産を総取りする争奪戦を展開。毎回、一華に魔の手が忍び寄るが、千曲川は些細な違和感やミスを見逃さず、最後は決めゼリフの“トリック返し”で犯人をおしおき。“やられる前にやり返す”のだ。

笑いやパロディーに加え、視聴後の心地よさも大切にしているという。

「偏屈な千曲川が秘めている正義感や、表には出さないけれど何があっても一華を守ろうとする心の内を感じ取っていただければ。滝藤さんの二枚目ぶりと三枚目の部分の緩急は、素晴らしいです」

■ラスクの差し入れに水野がイラッ!?

連日、猛暑の中での撮影ではこんなエピソードが。

「滝藤さんは、冷たい飲み物をよく差し入れしてくださいますが、面白かったのは炎天下の屋外ロケのとき。“おいしいんだよ”と自信満々にラスクを差し入れしてくれたんです。たしかにおいしかったけど、身体中の水分をラスクに奪われ、口の中はパサパサ(笑)。水野さんが“なんでラスク?”とイラッとしたきつい口調でツッコみ、そういうことに笑える雰囲気なんです」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.