くらし情報『くらもちふさこさん、名作たちの陰にスランプと病魔「それでも漫画が大好き」』

2018年9月26日 22:00

くらもちふさこさん、名作たちの陰にスランプと病魔「それでも漫画が大好き」

よく見ると私の描く鉛筆書きの漫画ではなく、ペン入れ、スクリーントーンまでされた本格的な漫画原稿。しかも、絵がとても上手で圧倒されました。その女の子が後に『週刊マーガレット』(集英社)からデビューする柿崎普美さんでした」

意気投合した2人は、休み時間になると漫画の主人公の似顔絵を描きあって、少女漫画雑誌『なかよし』(講談社)の似顔絵コーナーに投稿。そろって入選するようになる。

「姉は、柿崎さんから漫画の新しい知識を仕入れてくると、私に自慢げに教えてくれました。もし柿崎さんがいなかったら、姉も私も漫画家になることはなかったでしょうね」

と妹の知子さんは言う。

ふさこが柿崎さんに刺激を受け、初めてストーリー漫画を描いたのは、中学3年生のころだった。

「『なかよし』に投稿して、努力賞を受賞。漫画家になりたいという思いは、日に日に強くなっていきました」
そろって豊島岡女子学園高校に進学すると、漫画家志望の子たちが“持ち込み“していることを知り、ふさこたちも生まれて初めて『週刊マーガレット』編集部を訪ねる。

「2人の作品に目を通した編集さんに“また持って来なさい”と言われたときはうれしかったし、とても刺激になりました」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.