くらし情報『貴乃花親方、引退のウラで進行する“暴露本”出版への動き』

2018年10月1日 17:00

貴乃花親方、引退のウラで進行する“暴露本”出版への動き

貴乃花親方、引退のウラで進行する“暴露本”出版への動き
貴乃花親方
それにしても、今年は“引退”が多い年だ。

小室哲哉氏に始まって、小林麻耶さん、滝沢秀明氏、安室奈美恵さん、あとは山口達也氏も引退と考えていいだろう。そして、貴乃花親方。

貴乃花親方の引退発表は、安室さんとはまた異なる衝撃が走った。

名門の家に生まれた花田光司・勝の兄弟は、子どものころから注目を浴びていた。そして、’90年代前半になると、この兄弟を中心に相撲ブームが巻き起こることに。

「『若貴フィーバー』です。それまで、相撲ファンはどちらかというと年配の人たちが多かったのですが、若い女性ファンが一気に増えましたね。ほかの力士と違って、彼らは週刊誌などメディアに取り上げられる機会も多く、まるでアイドルのようでした」(スポーツ紙記者)

宮沢りえとの婚約

当時は、女性週刊誌の表紙を飾ったり、写真誌などもたびたび彼らの記事を掲載していたほどだった。“スーパースター”の誕生は、相撲人気を盛り上げ、角界に新しい風が吹くことを予感させたのだった。

兄弟はその後、横綱への階段を駆け上っていく。

’91年の5月場所初日。18歳の貴乃花(当時の四股名は貴花田)は、横綱・千代の富士を破り、引退に追い込んだ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.