くらし情報『松村邦洋、デビュー30周年 彼の澄んだ瞳を見て、旧友の放送作家が思い出したこと』

2018年10月8日 16:00

松村邦洋、デビュー30周年 彼の澄んだ瞳を見て、旧友の放送作家が思い出したこと

古舘プロジェクト所属の鮫肌文殊、山名宏和、樋口卓治という3人の現役バリバリの放送作家が、日々の仕事の中で見聞きした今旬なタレントから裏方まで、TV業界の偉人、怪人、変人の皆さんを毎回1人ピックアップ。勝手に称えまくって表彰していきます。第58回は鮫肌文殊が担当します。■松村邦洋 様

「まだまだ若いつもりだけどオレも年くったなぁ」と実感するのは、昔から聴いてきたアーティストが皆、20周年や30周年を迎えることを知った時である。

構成を担当した、夢のオーディションバラエティ『ASAYAN』(テレビ東京系)で誕生に立ち会ったモーニング娘。が今年1月でデビュー20周年。いまだ他の追随を許さないロック魂の塊、宮本浩次率いるエレファントカシマシが今年の3月でデビュー30周年。そうそう、サザンオールスターズに至ってはなんとデビュー40周年!実は私、初めて買ったアルバムがファーストの『熱い胸さわぎ』だったりする。2018年、ストリーミング配信全盛の時代に、アナログのLPレコードで購入したという思い出が時代を感じさせるけれど。

数々のアーティストがキリのいい周年を迎える中、ある芸人も今年でデビュー30周年を迎えた。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.