くらし情報『ホッコリからゾクリ……まで、女性たちの脳裏にこびりついた夢の話20選』

2018年10月6日 19:00

ホッコリからゾクリ……まで、女性たちの脳裏にこびりついた夢の話20選

【何かを示唆するような夢】

「空中ブランコに延々と乗っている夢。 そんなに不安定?」(36歳・東京都)

「人を殺す夢。 6年ほど前、新卒で入社した会社を体調不良を理由に退職しようとしていた頃、当時の上司がその退職理由について、人としてあり得ない言葉を冗談として発した日の夜に見たもの。当時の勤め先の事務所の裏で硬いもの(物はわからない)を使って撲殺。車で自宅(戸建)まで運び、家の裏に埋めようとシャベルで土を掘っていると、その上司がもう一人現れ、目撃したと言って騒いだので再度撲殺。また掘り始めると、2つの遺体を前に更に上司が現れ同じように撲殺。3つの遺体を前に呆然としたところで目が覚めた。

起きたとき、間違いなく現実で上司が発した言葉に対しての殺意だろうと思った。本人は冗談のつもりで軽く笑い飛ばしていたが、憎しみを抱くに十分だったためだろう。しかし、夢で三度も殺すほどの気持ちを抱いているとは思っていなかったので、かなり驚いた。そして、決して今後そこまでの負の感情を他人に抱かないよう心掛ける事を決心した」(30歳・福岡県)

「まだ10代の頃だったと思います。  自宅の台所に向かうと、母親がスイカを切っていました。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.