くらし情報『《空き家問題》売値は「“今”がいちばん高いはず」と専門家、損しないための運用法は?』

2018年10月6日 11:00

《空き家問題》売値は「“今”がいちばん高いはず」と専門家、損しないための運用法は?

《空き家問題》売値は「“今”がいちばん高いはず」と専門家、損しないための運用法は?
※写真はイメージです
少子高齢化に歯止めがかからない日本は、人口・世帯数が減少している。わが国の人口は2004年のピーク時に1億2784万人だったが、国の推計によると2050年には3300万人も減少するという。

これに伴い、1000万戸を突破した全国の空き家も加速度的に増え続け、2033年には2000万戸に迫る勢い。なんと日本の空き家率は30%を超えるという予測もある。

■全国的に不動産価値は下がる一方

「被相続人が亡くなり空き家を相続したものの、どう処分していいのかわからないといった相談が連日寄せられています」

と話すのは、業界初の個人向け不動産コンサルティングを行っている株式会社さくら事務所の長嶋修会長。地方だけでなく都心でも国内の不動産価値は下がる一方。中には“負動産”と呼ばれる物件まで登場。

「特に団塊の世代が亡くなるころには、こうした問題がさらに深刻化。生まれ育った家だけに愛着もあると思いますが、半年住まない家はどんどん傷んでしまいます。できれば、両親などが生きている間に亡くなった後どうするのか話し合ったほうがいいですね」(長嶋さん、以下同)

考えられる選択肢は『売る』『貸す』『管理料を払って維持する』『そこに住む』の4つしかない。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.