くらし情報『占いやスピリチュアルに頼る男女に伝えたい「見えない力」よりも「ひとつの出会い」』

2018年10月6日 21:00

占いやスピリチュアルに頼る男女に伝えたい「見えない力」よりも「ひとつの出会い」

占いは、好きですか?スピリチュアルなものに、興味がありますか?夢を叶えたい時、恋人や結婚相手を探したい時に、占い、引き寄せ、神霊体験などのスピリチュアルなものにハマる人たちがいますよね。

婚活ライターをしながら、仲人としてもお見合い現場に携わる筆者が、目の当たりにした男女の婚活事情を、様々なテーマ別に考えてゆく連載。今回は、『占いやスピ系にハマる人たちの結婚観について』考えたいと思います。

占いやスピリチュアルに頼る男女に伝えたい「見えない力」よりも「ひとつの出会い」
見えない力に頼るのもいいけれど……(写真はイメージです)■占い師のお告げで結婚、転居、離婚

先日、入会面談に来た男性、井本晃さん(56歳、仮名)は、自営業のバツイチなのですが、お子さんがいないので、再婚してお子さんを望んでいました。

井本さんのように40代後半、50代、60代になっても、お子さんを望んでいる男性がいます。人生はご自身のもの。お子さんを望むことは自由です。ただ問題は、そうした男性と“お見合いをしたい”と思う女性が少ないことです。

お相手は、出産可能な年齢の女性に限られますし、年の差婚を実現させるためには、男性にそれだけの魅力が必要です。

私がこう申し上げると、「半年前に離婚した元妻は、34歳でしたよ」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.