くらし情報『新納慎也、三谷幸喜からの「突然のラブコール」とオファー理由を振り返る』

2018年10月10日 17:00

新納慎也、三谷幸喜からの「突然のラブコール」とオファー理由を振り返る

『生きる』という作品がまさに“生きて”刺さってくるんです」

渡辺に夜の遊びを教える小説家という役は、映画での登場場面はごくわずか。

「でもこのミュージカルでは、ストーリーテラーであるだけではなく、渡辺さんの人生にも最後までかかわります。彼に影響を与えるだけではなく、彼から影響を受ける人物のひとり。

それに小説家は、すごく物語を引っ張るんですね。だから映画の印象のまま演じてしまうと、舞台が跳ねない。作品自体が映画の暗いイメージとは違ってカラフルな部分も大きいので、“パワフル”ということを意識しながら作っています」

■抱きしめたくなったくらい(笑)

渡辺役はミュージカル界の大先輩、鹿賀丈史さんと市村正親さん(新納さんが組むのは鹿賀さん)。このおふたりと新納さんとは『ラ・カージュ・オ・フォール』という作品の共演者として、20年近く親交がある。

「僕はもちろん、鹿賀さんが素敵なことは知っていましたよ。でも、こんなに新しい魅力を発見できるなんて思ってもみなかった。初めて読み合わせをしたとき終わった瞬間にムギューって抱きしめたくなったくらい(笑)。

“鹿賀さん、ものすごく素敵だってご自分で気づいてます?”と言いました。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.