くらし情報『新納慎也、三谷幸喜からの「突然のラブコール」とオファー理由を振り返る』

2018年10月10日 17:00

新納慎也、三谷幸喜からの「突然のラブコール」とオファー理由を振り返る

そんなことを考えずに生きていてもいいんじゃないかな。

別に歴史に名を残そうとか生きた証がほしいなんて思っていませんし。ただ、僕が死んで何年かして、どこかのおばあちゃんが孫に“昔、新納慎也っていういい役者がいてね、好きだったわ”って語ってくれたらうれしいですね」

■ミュージカル『生きる』
1952年に公開された黒澤明監督の代表作『生きる』をミュージカル化。作曲と編曲を手がけるのはブロードウェイで活躍するジェイソン・ハウランド、演出は宮本亜門。惰性で仕事をするだけ、死んだように生きていた市役所の市民課長・渡辺(市村正親/鹿賀丈史(Wキャスト))は、当時、難病だった胃がんにかかったことで、これまでの無為な人生と向き合う。そして市民のための公園作り実現に尽力、生きる意味を見いだしていく。10月8日~28日 TBS赤坂ACTシアターにて上演。
公式サイトはhttp://www.ikiru-musical.com

にいろ・しんや●1975年4月21日、神戸市生まれ。数多くの舞台で個性と実力を発揮。近年の主な舞台出演作品は、『BENT』『スルース~探偵~』『パレード』『パジャマゲーム』などがある。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.