くらし情報『相撲に魅せられ167年、水害で土俵を失っても立ち上がるのが『乙亥大相撲』』

2018年10月16日 11:00

相撲に魅せられ167年、水害で土俵を失っても立ち上がるのが『乙亥大相撲』

「2日間にわたって相撲大会が開かれます。大相撲の力士とアマチュア(社会人・学生)が戦うのは、おそらく日本で唯一じゃないでしょうか?

毎年、幕内の関取も2人ぐらい来てくれて、町を練り歩きしたり、その年に生まれた赤ちゃんを抱っこしての稚児土俵入りなどをやります。

ほかにも幕下力士たちによる餅つき大会、地域の人たちがちびっ子から大人まで地区ごとに出場しての熱戦も繰り広げられ、町中が相撲に染まります」

2日間にわたる相撲大会?そりゃ、すごい。

過去に参加した関取のリストを見せてもらうと、稀勢の里、照ノ富士、遠藤、琴奨菊、白鵬、安美錦、玉鷲、栃東武蔵丸武双山、曙……、そして大鵬!って。豪華な面々!

■力士の到着を知らせる町内放送

「乙亥大相撲に出ると出世するって言われてます!実際、曙が大関の時に出て、『次は横綱になって戻ってきます』と言って、本当に横綱になって戻ってきてくれたんです。昨年は輝(かがやき)が来てくれましたが、彼は幕下時代にも来てくれていたので『達(幕下時代のしこ名)から輝になって戻ってきました!』って言って、会場中が『輝~!!』と大声援にあふれかえったんです」

そう興奮気味に話してくれたのは、山口さんのお手伝いをしている野村町在住の赤松優子さん。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.