くらし情報『織田裕二の『SUITS』が“日本風アレンジ”で「チープアメリカン」に』

2018年10月28日 21:00

織田裕二の『SUITS』が“日本風アレンジ”で「チープアメリカン」に

正直、このストーリーでは、『SUITS』を原作にする意味もあまり感じられません。それにも関わらずセリフ回しだけアメリカ風なので、単に違和感だけが目立つという(笑)」(前出・テレビ局関係者)

実は、『SUITS』のリメイクは日本が初めてではない。お隣の韓国でも今年の4月から6月まで放送されていた。

主演は、韓国四天王の1人、チャン・ドンゴン。人気俳優の起用で、ヒットが期待されたのだが、残念ながら韓国での平均視聴率は8・9%(ニールセン調べ)に留まったようだ。

低迷した理由として、

「セットのスケールが小さすぎる。話のアレンジが何となく暗い。女性ファッションがアメリカ版と比べて地味などと、アメリカ版を見ている人たちからは不評でした」(前出・テレビ誌ライター)

なんだか日本版に向けられた指摘と似ているような気もするが。

秋の夜長、三者三様の『SUITS』を見比べてみるのも一興では。

<芸能ジャーナリスト・佐々木博之>
◎元フライデー記者。現在も週刊誌等で取材活動を続けており、テレビ・ラジオ番組などでコメンテーターとしても活躍中。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.