くらし情報『米倉涼子が『リーガルV』のピリピリ現場を和ませた “とっておきの技”』

2018年11月1日 22:00

米倉涼子が『リーガルV』のピリピリ現場を和ませた “とっておきの技”

米倉涼子が『リーガルV』のピリピリ現場を和ませた “とっておきの技”
米倉涼子
「テレビ朝日としては、『ドクターX』の続編をやりたかったんです。でも、米倉涼子さんの新しい挑戦をしたいという強い要望で、新番組の『リーガルV』がスタートしました。それだけに、彼女は強い覚悟で役作りをしています。

“失敗しない女”大門未知子のイメージを拭い去るためにバッサリ髪を切りました。今まででいちばん短い20センチのショートカットです」(芸能プロ関係者)

米倉の覚悟は、美脚封印という形にも表れている。

「“美脚は菜々緒ちゃんにまかせる”と言っていますよ(笑)。米倉さんは胸元を見せる衣装を選び、上半身の色気を強調する作戦ですね」(テレビ誌ライター)

■高視聴率が“絶対課題”

リーガルV』は法廷が舞台。米倉は資格を剥奪された元弁護士役。高橋英樹林遣都が演じる弁護士を指揮し、奇抜な手法で訴訟を勝ち抜く。対立する法律事務所の弁護士には、向井理や菜々緒をキャスティング。

「法廷シーンが多くて、ずっと座っているので身体が固まってしまいます。難解な法律用語を覚えなければならないこともストレスに。なので、休み時間はみんなで身体をほぐしています。米倉さんは足の裏にゴルフボールぐらいのマッサージ器具をゴリゴリ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.