くらし情報『山口紗弥加の引退を引き止めた事務所社長と故・蜷川幸雄さんからの言葉』

2018年11月1日 18:00

山口紗弥加の引退を引き止めた事務所社長と故・蜷川幸雄さんからの言葉

山口紗弥加の引退を引き止めた事務所社長と故・蜷川幸雄さんからの言葉
山口紗弥加撮影/佐藤靖彦
’94年に芸能界デビュー。その可愛らしいルックスもあり、人気ゲームを実写化した映画『ときめきメモリアル』などに出演するなど、10代のころはアイドル女優として人気を博した山口紗弥加(38)。

今秋、デビューから約25年でドラマ『ブラックスキャンダル』(読売テレビ・日本テレビ系)で念願の初主演。しかし、1度は本気で引退を決意するなど、順風満帆な芸能人生ではなかったようだ。

■バラエティー出演と女優業

「デビューしたときは14歳だったので、アイドル的な活動をすることも、そんなものなのかな?と特に悩むことはなかったです。

その後、女優として幅を広げるためにとバラエティー番組に出るようになったのですが、それが結果として、女優としての自分を苦しめることになってしまって……」

今でこそ俳優がコントに挑戦したり、ぶっちゃけトークをするのが珍しくなくなったが、当時は女優がバラエティー番組にレギュラー出演することはまれ。そのため、経験値を積むために始めた活動が幅を狭めることに。

「バラエティー番組を見ることは好きでしたが、実際に出てみると面白いことも言えず、ただ笑うことしかできなくて。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.