くらし情報『ハロプロの新ユニット名が斬新すぎる!「まるでジャニ」のインパクト』

2018年10月29日 21:00

ハロプロの新ユニット名が斬新すぎる!「まるでジャニ」のインパクト

ハロプロの新ユニット名が斬新すぎる!「まるでジャニ」のインパクト
2004年、モーニング娘。ハロプロの歴史はモー娘。から始まった
かねて結成が発表されていた、ハロー!プロジェクトの2つの新ユニットの名前が決定し、10月19日に発表された。

それぞれハロプロ研修生からの選抜メンバーで構成されたユニットで、ひとつは一岡伶奈がリーダをつとめる『CHIKA#TETSU』(チカテツ)。もうひとつが、高瀬くるみがリーダーをつとめる『雨ノ森 川海』(あめのもりかわうみ)だ。

■ハロプロ健在なネーミング

それぞれのメンバーにユニット名を告げる場面を公式動画で公開、スタッフから命名の理由が告げられていた。

『CHIKA#TETSU』の「CHIKA」がスペイン語で「女の子」を、「TETSU」は哲学の「哲」を意味するという。“物事を深く考える女の子”として、女の子が心の奥底に秘める繊細な心情を、パフォーマンスを通して表現していくグループになってほしいという思いが込められた名前だ。

一方の『雨ノ森 川海』は、その名の通り、自然をイメージしたネーミング。森に降った雨が、川へとしみ出す。やがて川の流れは海に広がっていく。そんな水の恵み、“自然”と“生命の源”を表現し、人々の心を潤していくという意味が込められたユニット名だ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.