くらし情報『サンミュージック相澤正久社長、創業50年を語る「タレントは家族」』

2018年11月9日 06:00

サンミュージック相澤正久社長、創業50年を語る「タレントは家族」

サンミュージック相澤正久社長、創業50年を語る「タレントは家族」
サンミュージックプロダクション相澤社長(撮影/坂本利幸
「50周年。“長かった”の一言ですね」

こう話すのは、芸能事務所サンミュージックプロダクションの相澤正久社長だ。

サンミュージックといえば、今ではダンディ坂野カンニング竹山鳥居みゆき髭男爵、そして小島よしおスギちゃんメイプル超合金など、バラエティー番組でよく見かける芸人が所属する「お笑い事務所」というイメージが強いかもしれない。

しかし、さかのぼること50年前、実は歌手・俳優専門の事務所としてスタートしていた。

■歌手・俳優からアイドル

先代の故・相澤秀禎氏(正久氏の父)は、もともと横須賀を中心にバンドマンとして活躍。しかし’63年、名古屋の喫茶店で昭和歌謡の元祖「御三家」のひとり西郷輝彦をスカウトし、デビューさせる。そのなかで人材を発掘し、世に送り出してムーブメントを起こすことに魅力を感じた先代は、タレント探しに奔走したという。

ある日、日劇ダンシングチームのダンサーの弟に美男子がいるとの評判を聞き、現名誉顧問の福田時雄氏(元専務)が駆けつけると、そこにいたのは森田健作(現千葉県知事)だったそうだ。

「当時、森田は大学受験のため、浪人中でした。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.