くらし情報『ワンオクTomoyaに淫行報道も、ノーダメージで鎮火させた“老舗事務所の手腕”』

2018年11月1日 05:00

ワンオクTomoyaに淫行報道も、ノーダメージで鎮火させた“老舗事務所の手腕”

ワンオクTomoyaに淫行報道も、ノーダメージで鎮火させた“老舗事務所の手腕”
報道にもノーダメージ?
「またか!」と、芸能人の未成年淫行報道に、うんざりしている人も多いのではないか。

『FRIDAY』(11月9日号)によれば、ロックバンド『ONE OK ROCK』のドラム担当・Tomoyaが7年前、当時16歳の女子高生と関係を持ったのだという。

現在23歳になった、関西在住の女性が語ったところによれば、

高校2年生のとき、ライブの打ち上げに参加して、そこで一緒に飲酒したあと、“お持ち帰り”されたらしい。

■ペナルティは課される?

その後も何回か関係を持ったが、’13年4月を最後に、連絡が取れなくなり、

「私に女子高生というブランドがなくなったから、もう顔を見たくないみたいです」

と怒りを露わにしている。

こういう話題が出たとき、芸能人に対する批判もあるが、同時に、必ず女性に対するバッシングも起きる。

「なんで今ごろになって」

と、疑問視する声や、流行の“自己責任”を問う声は多い。中には、おそらくファンであろう女性から、

「一時でも、憧れの人と関係を持てたんだから、幸せだと思わなくちゃ」

といった意見さえも聞こえてくる。

俳優やお笑い芸人の場合は、活動停止や番組降板、CM打ち切りなど、何らかのペナルティが課せられるが、

「活動がライブ中心でテレビ出演もほとんどないようなアーティストの場合は、ダメージはほとんどないといっていいでしょう。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.