くらし情報『安藤サクラ 「定食屋を飛び出していった少女」がまといはじめた、“奥田瑛二のオーラ”』

2018年11月5日 17:00

安藤サクラ 「定食屋を飛び出していった少女」がまといはじめた、“奥田瑛二のオーラ”

古舘プロジェクト所属の鮫肌文殊山名宏和樋口卓治という3人の現役バリバリの放送作家が、日々の仕事の中で見聞きした今旬なタレントから裏方まで、TV業界の偉人、怪人、変人の皆さんを毎回1人ピックアップ。勝手に称えまくって表彰していきます。第60回は樋口卓治が担当します。■安藤サクラ

今回、私が勝手に表彰するのはNHK『まんぷく』でヒロイン福子を演じる『安藤サクラ』さんである。

安藤サクラ 「定食屋を飛び出していった少女」がまといはじめた、“奥田瑛二のオーラ”
安藤サクラ
放送作家になって10年くらい経ったころ、夕食を取ろうと麻布十番にある定食屋に入った。焼き魚定食を注文し待っていると、奥の席で常連風の女性が店主と楽しそうに話していた。

「あ、安藤和津だ」と心の中で呟いた。

一緒にいた少女二人は食事を終えたところで、「遊んでくる!」と元気に店を飛び出した。今思えば、あの少女たちは、安藤モモ子・サクラ姉妹だったのだろう。

当時、麻布十番といえば気合を入れないと街に負けてしまいそうなオシャレな街だった。そこにTシャツに短パンの姉妹が「遊んでくる!」と駆け出したのだ。都会っ子だ! 私が初めて見た都会っ子は安藤姉妹なのかもしれない。

それから十数年後、姉は映画監督、妹は女優になった。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.