くらし情報『ジャニーズ、世界に向けたデジタル戦略に “縁故Jr.” を投入の初挑戦』

2018年11月3日 21:00

ジャニーズ、世界に向けたデジタル戦略に “縁故Jr.” を投入の初挑戦

「ジャニーズをデジタルに放つ新世代。」

そんなキャッチコピーを掲げ、ジャニーズJr.のユニット『SixTONES(ストーンズ)』の巨大広告が、10月29日、東京のJR品川駅に掲げられた。

広告は、YouTubeが世界各国で行なっている「YouTubeアーティストプロモ」キャンペーンによるもの。

■いわば“日本代表”

「彼らをはじめとしたジャニーズJr.の5組のユニットは、『ジャニーズJr.チャンネル』という配信チャンネルを開設し、3月から曜日替わりでジャニーズ初のYouTube上での公式動画配信を行うようになりました。

再生数も好調ということなので、その『ジャニーズJr.チャンネル』の広告かと思いきや、世界的な展開となる、YouTubeのアーティストプロモへの抜擢ということで驚きました」

と、ある芸能ジャーナリストは言う。

「YouTubeアーティストプロモ」は、ショーン・メンデス、BTS(防弾少年団)、カミラ・カベロなど、世界的に活躍し、YouTubeでの動画再生回数が1億を超えるようなアーティストが選出されており、SixTONESは、いわば“日本代表”という存在にになる。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.