くらし情報『天使の歌声をもつ「元ヤン」ジャズシンガー。いじめ、父やファンの死を乗り越えて』

2018年11月4日 12:00

天使の歌声をもつ「元ヤン」ジャズシンガー。いじめ、父やファンの死を乗り越えて

10月5日16時、ジャズシンガーの五十嵐はるみさんはライブハウス『ラドンナ原宿』(東京・渋谷)のステージで、リハーサルをしていた。

天使の歌声をもつ「元ヤン」ジャズシンガー。いじめ、父やファンの死を乗り越えて
ジャズシンガー五十嵐はるみさん
バックバンドと音合わせをしながら歌っていた五十嵐さんが突然「ちょっと止めて!」と叫んだ。

「違う違う。ドラムはもっとバーンと来てくれないと」「ギターはそのパートじゃなくて、変更があったこと言ってたよね」

矢継ぎ早に指示を出す。いずれも相手は、日本トップクラスの有名ジャズミュージシャンである。しかも、五十嵐さんよりはるか年上だ。

「私のリハを見るとみなさん驚きます(苦笑)。ベテランになると、どうしても自分を過信して“本番はきっちりできるから”と事前に渡した譜面を見てこないこともあるんです。でも、迎えるお客様をいい加減に思うようなリハや、私の要望どおりにできていないときはきつく言います。もしかしたら、私にいちばん小言を言われているのは最年長のミュージシャンかもしれません(笑)。ステージは五十嵐はるみが全責任を負わなくちゃいけないですから」

15年前に初めてライブを聴いて以来、多くの楽曲も提供している音楽評論家の湯川れい子さんは、そんな五十嵐さんを「自分にも厳しい人ですから。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.