くらし情報『徳重聡が『下町ロケット』でイメージと真逆の怪演! “軽部”を演じる3要素とは』

2018年11月11日 21:00

徳重聡が『下町ロケット』でイメージと真逆の怪演! “軽部”を演じる3要素とは

徳重聡が『下町ロケット』でイメージと真逆の怪演! “軽部”を演じる3要素とは
徳重聡
10月14日にスタートした、TBS系ドラマ「日曜劇場『下町ロケット ゴースト』」。演技自慢の俳優陣らが顔をそろえるなかで、徳重聡の演技がSNSを中心に話題になっている。これまでの石原プロの俳優らしい「熱血漢」「好青年」のイメージを一変させる「新境地」を開きそうだ。そんな彼に、今回の“キャラ変”について心境を直撃してみた!

―『下町ロケット』で、徳重さんが演じる佃製作所・技術開発部のエンジニア「軽部真樹男」はどんな人物像?

「仕事への情熱は人一倍あり、実は仲間思いだと思いますが、ぶっきらぼうで人とうまく関われない。みんながまじめなときにひとりでにやけていたりして、笑いのツボが人とずれています。しかし褒められると照れてしまうかわいい一面も……」

―役をいただいたときの感想は?

「佃製作所の熱い人物を演じることができると思っていたにもかかわらず唯一、冷めたキャラクターの軽部真樹男を演じることになったことには少々驚きました(笑)。

しかし軽部役をいただいてうれしい反面、今まで他のドラマや映画で演じてきた役柄とは180度違うので、今回のイヤミでクセのある役は未知の世界すぎて正直怖さもありました。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.