くらし情報『岩崎恭子の“地味不倫”がウケた背景に「やっぱり下世話好き」な視聴者心理』

2018年11月8日 21:00

岩崎恭子の“地味不倫”がウケた背景に「やっぱり下世話好き」な視聴者心理

岩崎恭子の“地味不倫”がウケた背景に「やっぱり下世話好き」な視聴者心理
岩崎恭子
’92年バルセロナオリンピックの水泳金メダリスト・岩崎恭子氏の“不倫・離婚騒動”が話題になっているのが、ちょっと意外だ。

競泳女子200m平泳ぎに出場し、史上最年少(14歳6日)での金メダル獲得。今もその記録は破られていない。また、日本選手として五輪でのメダル獲得では最年少記録でもあり、レース直後に受けたインタビューで、

「今まで生きてきた中で、一番幸せです」

と語り、日本中を沸かせたものだった。しかし、26年も前の話で、いまの若い人は、当時のことをほとんど知らないだろう。

■気づかれないための変装

’09年、元ラグビー日本代表の斉藤祐也と結婚し、現在はスポーツコメンテーターとしてたまにテレビ出演しているくらいのもの。街ですれ違っても、気づく人は少ないのではないだろうか。

そのような人物の不倫・離婚が注目を浴びていることに少し驚きを感じたのだが、報じた『FLASH』(11月20日号)を見ると、その理由が見えてくる。

同誌を開くと、冒頭のカラーページが目に飛び込んできた。

紺色のキャップとジーンズのお揃いのファッションで手をつなぎながら公園を散歩中のカップル。岩崎氏と、交際中の男性なのだが、彼女はロングの金髪カツラを着用し、大きめのサングラスをかけている。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.