くらし情報『羽生結弦「4回転半ジャンプ」をめぐりオーサーコーチと衝突か』

2018年11月14日 05:00

羽生結弦「4回転半ジャンプ」をめぐりオーサーコーチと衝突か

羽生結弦「4回転半ジャンプ」をめぐりオーサーコーチと衝突か
羽生少年が、大きな夢を描きながら練習を積んだアイスリンク仙台
11月16日のGPシリーズ第5戦のロシア杯に参戦する世界王者の羽生結弦。2週間前のフィンランド大会では圧巻の演技で優勝を果たした。

「ショートプログラムで、今季世界最高得点となる106・69を獲得し、堂々の首位発進。翌日行われたフリーの演技では、後半に4回転ジャンプからのトリプルアクセルという連続ジャンプを世界で初めて成功させて、今シーズン世界最高得点の297・12で優勝しました」(スポーツ紙記者)

ただ、ジャンプの着氷乱れやステップの取りこぼしなど、本人は満足のいく演技ではなかったようで“自分の灯火に薪が入れられた”と、闘志をたぎらせた。

「今シーズンからルールが改正されて、フリーの演技が30秒も短くなって4分間の勝負になりました。痛めていた足の不安もありましたが、本人は自分の演技に納得がいっていないようでしたね」(スケート連盟関係者)

試合後、「勝たなきゃ自分じゃない」と、強めの口調で語った羽生。各シーズンで目標を掲げる彼は今回、前人未到の野望を抱いていた。

「羽生選手は“楽しくスケートがしたい”と語っていましたが、その言葉の真意は“子どものころの自分の夢を叶えたい”という、4回転半ジャンプへの挑戦を指したものでした。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.