くらし情報『明治時代からどど〜んと振り返る、日本の “人気ネーム” 変遷がおもしろすぎる!』

2018年11月16日 22:00

明治時代からどど〜んと振り返る、日本の “人気ネーム” 変遷がおもしろすぎる!

明治時代からどど〜んと振り返る、日本の “人気ネーム” 変遷がおもしろすぎる!
※写真はイメージです
時代とともに流行は移り変わるものだけど、人の名前も同じ。明治安田生命保険が毎年、ランキング形式で発表している『生まれ年別の名前調査』には、その変遷が色濃く表れている。

「2017年はご加入者の約1万6000人を対象に調査を行いました。その年に生まれたお子様を被保険者として学資保険などにご加入される方が多く、その販売促進につながればと1989(昭和64・平成元)年から毎年調査を実施しております。それ以前のランキングは、同年時点におけるご加入者を対象に調査したものです」(広報・森本律子部長)

■“人気ネーム”はこう移り変わっていた!

最古のランキングは、なんと1912(明治45・大正元)年!命名研究家の牧野恭仁雄さんによると、

「名づけには、単発的な流れと長期的な流れがあります。2〜3年単位なら順位は偶然で上下しますが、10年単位くらいになると、名づけの大きなうねりが見えてきます」

そもそも名づけは、3つに大別できるという。

「1つ目は、いつの時代でも一定数ある名前。例えば、親子で同じ字を使うとか、“わが家ではこういう名づけをする”などと家制度を意識したもの。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.