くらし情報『高畑淳子「終活ノート」影響受け息子・裕太が取得目指す意外な国家資格』

2018年11月20日 05:00

高畑淳子「終活ノート」影響受け息子・裕太が取得目指す意外な国家資格

■母が心配する息子の「性格」

裕太が相続することになれば、安定した収入源になるはずだが、高畑には恐れていることがあった。

「裕太さんがだまされることを心配しているんですよ。お金目当てに近寄ってきて、せっかく彼のために遺した土地を乗っ取られるんじゃないかと。宅建を受験させたのは、だまされないために必要な知識を身につけさせるためなんですよ」(前出・高畑の知人)

彼女が危惧しているのは、すぐに人を信用してしまう裕太の性格だ。

「事件の後に彼がインドに留学した際も、現地でぼったくりにあったそうです。彼はもともと優しい性格で、人に頼まれると断りきれない一面もあるので、そういうところが心配の種なのでしょうね」(芸能プロ関係者)

不動産取引についての専門的知識を持っていれば、簡単にだまされることはない。宅建の資格を取れば、“完全なる遺産相続”が実現する。

「裕太さんが不動産をしっかり運用できるようになれば、毎月彼のもとに20万円ほどのお金が入ってきます。生活が安定することで、俳優としてカムバックする道が開けるとも考えているのではないでしょうか」(前出・高畑の知人)

裕太は遺品整理のアルバイトをしながらバーの仕事を手伝っていたが、バーは8月末に辞めた。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.