くらし情報『川平慈英、三谷幸喜ミュージカルで1人10役!「出てくるのは博多華丸だったりして」』

2018年11月24日 16:00

川平慈英、三谷幸喜ミュージカルで1人10役!「出てくるのは博多華丸だったりして」

貴一さん、これやっていいのかなぁ?”とか。

もう僕ら7人、いったん始まったら楽屋へは戻れません。着替えているか、舞台上にいるか。見ている人は驚くでしょうけど、出ているほうも“え?今ここにいる僕が、このタイミングであそこから出る!?無理でしょ!!”みたいな(笑)。

僕がふたりいないと無理だから、出てくるのは博多華丸だったりして(笑)。それくらいマジカルな、デヴィッド・カッパーフィールド的なことをやるようですよ」

川平さんは今回「歌以上に、芝居を求められている」という。

「この作品でいちばんの目玉は、貴一さんが初ミュージカルで新たな魅力爆発、という点だと思うんです。その貴一さんと僕、ふたりっきりでいいシーンがあるんですよ。

日本史の中のある時代なんですけど、貴一さんは翻弄(ほんろう)されるほうなんです。僕がたぶん、劇場内でいちばん楽しんでいるんじゃないかな、お客さんを差し置いて(笑)」

■僕のピッチでありフィールド

いままでにないミュージカルを作ろうという現場には「生みの苦しみと楽しさ」がいっぱいだ。

「“相当、実験的なことをやってるな”という実感はありますね。だから薄氷の上を歩くような怖さもあるんです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.