くらし情報『大原櫻子、大御所声優の実父が “モンペ” すぎて業界では「使いづらい」評価』

2018年11月20日 17:00

大原櫻子、大御所声優の実父が “モンペ” すぎて業界では「使いづらい」評価

大原櫻子、大御所声優の実父が “モンペ” すぎて業界では「使いづらい」評価
大原櫻子
今年の9月末、所属事務所との契約が終了し、10月1日から個人事務所を設立した女優で歌手の大原櫻子

’15年と’16年には、ともにフジテレビの月9ドラマ『恋仲』『好きな人がいること』に出演。’15年末には歌手としてNHK紅白歌合戦に出場するなど、若手の実力派として知られている。

「大原は、過去6年間で数回の事務所移籍を経験していますが、そのウラには父親で声優の林田尚親が大きく関わっているんです。

林田は現在、『報道ステーション』(テレビ朝日系)や『行列のできる法律相談所』『嵐にしやがれ』(ともに日本テレビ系)など多数のナレーションを担当する大御所声優なんですよ」(芸能プロ関係者)

デビュー当初に所属していた『藤賀事務所』と、次に移籍した『フジパシフィックミュージック』での出来事について、前出の芸能プロ関係者が次のように明かす。

■あってはならない“事件”

「林田は、大原のギャラの取り分や条件面で『藤賀事務所』サイドと何度も衝突し、周囲に相談して移籍先を探していました。

そこで最終的にたどり着いたのが『フジパシフィックミュージック』だったんです。しかし、ここでも契約更新などの機会に弁護士や有識者を同席させ、事務所からギャラの取り分を増やすように意見していたそうです」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.