くらし情報『津川雅彦さんの「すがすがしい葬儀」と、反対を押し切った娘婿の一途な思い』

2018年11月22日 19:00

津川雅彦さんの「すがすがしい葬儀」と、反対を押し切った娘婿の一途な思い

津川雅彦さんの「すがすがしい葬儀」と、反対を押し切った娘婿の一途な思い
今年4月、妻の朝丘雪路さん死去の際に、会見に応じた津川雅彦さん
マキノ雅彦監督がメガホンを取った映画『寝ずの番』は、芸人の死を扱った抱腹絶倒の、艶っぽいエピソード満載の作品でした。

マキノ雅彦監督は、俳優の津川雅彦さんの監督名です。津川さんは生前、

「葬式は祭りだ。華やかにやろう」

と、周囲に伝えていたそうです。

その趣旨を十分にくみ取ったうえで先日、今年8月に78歳で亡くなった俳優の津川雅彦さんと、今年4月に82歳で亡くなった女優の朝丘雪路さん夫妻の『合同葬 お別れの会』が、青山葬儀所で営まれました。

■津川家に新たな顔ぶれ

祭壇には、二人の遺影が並び、安倍首相や黒柳徹子ら1100人の弔問客が、最後の別れを惜しみました。映画『寝ずの番』ほどではありませんでしたが、笑いあり、暴露話ありの“祭り”のようなお別れの会でした。

親族の参列者の中にひとり、新たな顔ぶれがありました。長女で女優の真由子(44)と今年7月、津川さんが亡くなる約1か月前に結婚した夫で俳優の友山裕之助(45)でした。

関係者が言います。

「2人は10年来の交際でしたが、津川さんは結婚に反対していました。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.