くらし情報『堤真一、NHKの動物番組で“ハジけっぷりがすごい”ナレーションができるワケ』

2018年11月25日 17:30

堤真一、NHKの動物番組で“ハジけっぷりがすごい”ナレーションができるワケ

ドキュメンタリー番組で俳優がナレーションを担当することはよくあることだが、たいていは“真面目”な語り口が多い。この“ハジけた”ナレーションの先鞭をつけたのは、同じくNHK『サラメシ』の中井貴一。

働くサラリーマンたちのランチタイムに焦点を当てるという番組だが、中井貴一のテンションの高い軽快なナレーションもあり、’11年からのレギュラー放送が開始されて以来、人気番組となっている。

それにしても、最近NHKは、決めゼリフ「ボーっと生きてんじゃねえよ!」が流行語大賞にノミネートされた『チコちゃんに叱られる!』など、ユニークな番組をスマッシュヒットさせている。その秘密はというと、

「企画力もさるものながら、失敗を恐れずユニークな番組作りができるのは、NHKの資金力のおかげでしょうね。スポンサーの口出しもないから、自由にできるのが強みです。加えて、民放では2〜30分番組に大物をナレーショのみで起用するだなんてそんな贅沢なことはできませんし、やろうという発想もないでしょうね。

出る側も、NHKのオファーだったら断る人はいないでしょうから、今後も大物俳優がNHKのバラエティ色の強いナレーションに抜擢される可能性も大きいです」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.