くらし情報『『獣なれ』のガッキーが不憫すぎる、そしてW田中の役どころに喝ッ!』

2018年11月28日 18:00

『獣なれ』のガッキーが不憫すぎる、そしてW田中の役どころに喝ッ!

かといえば、ガッキーの苦悩を知っているからこそ、あえてヒールを演じた松田を殴りつけたりして。

妙なところで男気出すわりに、「(ガッキーを)幸せにしてくれるなら」と身を引くそぶりも見せる。責任逃れ。偽善。優しいフリして結局は自分のことが一番かわいい。

つまり、田中圭は「男のイヤなところとズルいところを凝縮した権化」である。そこそこエリートで、いい身体していて、外ヅラよくて優しくて、かなりの優良人材に見えるが、こういうのにほだされちゃいかんぞ、と奥歯でぐっと噛みしめた次第。

■家族にひとり、頑張りやさんがいると迷惑

さて、そんな田中圭の母親役の田中美佐子も、アラート案件だ。寝たきりの状態である夫を自宅で献身的に介護している。

もうひとりの息子・金井勇太からは入院を勧められているが、拒み続けている。劇中では、美佐子と夫との若かりし頃の出会いが郷愁たっぷりに語られるシーンがあった。夫を心の底から愛している、という背景なのだが、心を鬼にして、大声で言わせてもらうぜ。

家族の中にひとりだけ、介護を頑張っちゃって背負いこむ人がいると、他の家族はめっちゃ大変!クッソ迷惑!愛しているのはわかったけれど、愛があるなら専門知識と技術をもったプロフェッショナルにまかせなよ!

「お父さんがかわいそう」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.