くらし情報『世界記録18個! 104歳現役スイマーの「なんでも1番をとらにゃ」精神』

2018年12月1日 18:00

世界記録18個! 104歳現役スイマーの「なんでも1番をとらにゃ」精神

それは水泳のレースというより、ドラマのようなシーンだった。

今年10月8日、愛媛県マスターズ水泳短水路大会が松山中央公園プールで開かれた。この大会に、104歳の長岡三重子さんが出場することになっていた。マスターズ水泳とは、例えば70~74歳、75~79歳まで……のように5歳きざみで年齢のグループをつくり、各グループの中でレースを行う世界的な競技だ。

世界記録18個! 104歳現役スイマーの「なんでも1番をとらにゃ」精神
104歳の現役スイマー 長岡三重子さん
三重子さんは100~104歳の区分に属し得意の背泳ぎでさまざまな距離に挑戦。現在18個の世界記録を持っている。この4年間、どの記録も破られていない。まぎれもなくマスターズ水泳のトップスイマーのひとりなのである。

午後1時過ぎ、三重子さんがプールサイドに登場した。女子100メートル背泳ぎに出場するためだ。身長150センチ弱、最近は食欲が落ち、やせている。澤田真太郎コーチに手を引かれてプールサイドをゆっくり歩き、第1レーンのベンチに座った。

3年前、1500メートルを1時間15分54秒39で完泳したのもこのプールだった。100歳超の女性スイマーが世界で初めて達成した前人未到の記録は、「世界初記録」として歴史に刻まれた。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.