くらし情報『牛の肛門に腕を突っ込んでも上品? 池谷のぶえが持つ“ほかの女優にない笑演力”』

2018年12月3日 18:00

牛の肛門に腕を突っ込んでも上品? 池谷のぶえが持つ“ほかの女優にない笑演力”

だが、それを演じるのは難しい。

書かれているのはおもしろいセリフだ。役者はそれがおもしろいとわかっている。しかし、役としては、そのおもしろさに無自覚でなければいけない。これが難しい。理屈ではわかっていても、ついついおもしろさを伝えようとしてしまいがちだ。池谷さんは、このおもしろいセリフを無自覚に言う人を演じるのが本当に上手い。ひょっとしてこの人、このセリフのおもしろさに本当に気づいていないんじゃないか、と思うほどである。

しかしながら、以上の2つの要素は、コメディエンヌと称される女優ならば、多かれ少なかれ備えている魅力である。ならば池谷さんの独自性はどこにあるのか。

それは「上品さ」である。

ただの上品さではない。クラシックな上品さである。

まだモノクロだったころの古い喜劇映画をよく観るのだが、そこには上品な女性たちがよく出てくる。喋り方が上品、立ち居振舞いが上品。彼女たちはしばしば、ひどい目にあったり、ひどいことを言われたりするのだが、そのリアクションでさえ上品だ。それが当時、狙ったものなのかはわからないが、現代から見ると、そんなときまで上品なのかよ! というギャップが妙におかしい。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.