くらし情報『“ぴんぴんころり”を実現するのは寒天と高野豆腐!? 健康長寿を叶える「食べる健康法」』

2018年12月9日 12:00

“ぴんぴんころり”を実現するのは寒天と高野豆腐!? 健康長寿を叶える「食べる健康法」

“ぴんぴんころり”を実現するのは寒天と高野豆腐!? 健康長寿を叶える「食べる健康法」


※写真はイメージです
誰もが願う“ぴんぴんころり”の健康長寿。3大疾病と呼ばれる『がん、急性心筋梗塞、脳卒中』も、近ごろは生活習慣病のひとつと考えられるようになった。

■メリットばかりの“野菜たっぷり生活”

そんな中、「日々の食生活こそ、いちばんの薬」と話すのが、医師で作家の鎌田實先生。脳卒中による死亡率が全国2位だった長野県を、2010年には、男女とも平均寿命日本一に導いたことで知られている。どうやって長寿県へと生まれ変わらせたのか。

「塩分をとりすぎるせいで高血圧になり、脳卒中で倒れる人が多かったので、まず減塩運動を推進しました。それと並行して、野菜たっぷりの食事を提唱したのです。気がつけば、長野県は野菜摂取量が日本一になっていました」

野菜のどこに長寿の秘密が隠されているのか。

「野菜には、大きく分けて3つの効能があります。

第1に、慢性炎症を抑えるため、動脈硬化を防ぎます。2番目に、老化を防ぐ抗酸化力が強く、しかも脳細胞の慢性炎症を抑えるため、認知症やアルツハイマーの予防にもなります。そのうえ、細胞のがん化の引き金になる慢性炎症も防ぐ。まさに野菜をたっぷりとる食生活こそ、長寿日本一の理由です」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.