くらし情報『“ぴんぴんころり”を実現するのは寒天と高野豆腐!? 健康長寿を叶える「食べる健康法」』

2018年12月9日 12:00

“ぴんぴんころり”を実現するのは寒天と高野豆腐!? 健康長寿を叶える「食べる健康法」

「高野豆腐は豆腐に比べて、体内の消化酵素で分解されにくいレジストタンパクがケタ違いに豊富。コレステロールや中性脂肪、血糖値を下げる働きがあります。そのうえ、免疫力をアップさせる食物繊維、カルシウム、マグネシウム、鉄分なども豊富です」

和洋中どんな料理にも合うし、乾物なので長期保存が可能だ。

「これを1日1枚食べるだけで健康状態が劇的によくなる救世主です。粉末状にした『粉豆腐』をパン粉がわりにしてハンバーグを作るなど、応用範囲が広く魅力的です」

■50歳からの生き方が大切

鎌田先生は長寿について、ある哲学を持っている。

「おいしいものを食べないで我慢ばかりしていると幸せな気持ちになれません。だから食べない健康法より、私は食べる健康法。食べて運動して、筋肉を“貯筋”することが長寿の秘訣。そのためには、タンパク質をしっかりとることも大切です」

貯筋するにはまず、よく歩くこと。さらに、御年70歳ながらも独自の「スクワット」「かかと落とし」も実践している。

「長寿は、50歳から70歳までの生き方が大切。減塩、野菜はたっぷり、運動したうえでおいしいものを食べる。これが最後まで長患いしない、ぴんぴんころりの極意です」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.