くらし情報『ワインと焼酎でやせる、チャーシューメンは太りにくい!? 脂肪を燃やす「3つの裏ワザ」』

2018年12月8日 17:00

ワインと焼酎でやせる、チャーシューメンは太りにくい!? 脂肪を燃やす「3つの裏ワザ」

ワインと焼酎でやせる、チャーシューメンは太りにくい!? 脂肪を燃やす「3つの裏ワザ」
※写真はイメージです
昔はいくら食べても太らなかったのに、年を重ねるごとにやせにくく……。太らないためには、何をどう気をつけたらいいのか。

■脂肪摂取が肥満の原因ではない

「今までは、カロリーをたくさんとるから余ったカロリーが脂肪になり、結果として太ると考えられていましたが、大きな間違い。最も大切なのは『糖質制限』です」

とは、糖尿病の専門医である牧田善二先生。肥満のメカニズムについて、こう解き明かしてくれた。

「食べた脂肪が太る原因と勘違いしている人がいますが、多量に摂取した炭水化物が中性脂肪に変わり、体内に蓄えられるから太るのです。むしろ脂肪は、37兆個もある身体の細胞膜やステロイドホルモンなどを作る大切な栄養素。決して脂肪をとることが肥満の原因ではありません」

肥満の原因には、血糖値が大きく関係している。

「人間は血糖値が下がると、脳からアドレナリンが出て空腹感を覚えイライラします。反対に、食べると脳からドーパミンが出て幸せな気持ちになる。だから食べずにはいられない。

しかも、はじめはおにぎり1個で満足していたのが、やがて、それでは満足できなくなり食べる量が増えていく。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.