くらし情報『骨粗鬆症を防ぐ最強コンビは「納豆×酢」、カンタン食事法&運動法で骨の質アップ!』

2018年12月10日 08:00

骨粗鬆症を防ぐ最強コンビは「納豆×酢」、カンタン食事法&運動法で骨の質アップ!

骨粗鬆症を防ぐ最強コンビは「納豆×酢」、カンタン食事法&運動法で骨の質アップ!
※写真はイメージです
「人生100年時代」と呼ばれるほど長寿大国の日本。一方で、寝たきりになる高齢者が増えている。厚生労働省の国民生活基礎調査によると、寝たきりなどの介護が必要となった原因のなかで、「転倒・骨折」は上位を占めている。骨の強度がもろくなる骨粗鬆症(こつそしょうしょう)は、そのリスクをさらに高めてしまう。

■女性は40代後半から骨密度が減少

日本骨粗鬆症学会認定医の中山久徳先生は、

「寝たきりを予防するには、骨と筋肉の衰えを防ぐことが重要です。特に女性はリスクが高い」と指摘する。

骨の丈夫さには女性ホルモンが大きくかかわっている。しなやかさを保つために古くなった骨を壊し、新しい骨を作るといった活発な新陳代謝をしているのだ。

ところが、加齢や閉経に伴い女性ホルモンのエストロゲンの分泌量が減るにつれて、その機能に乱れが生じ始める。骨の破壊がいっそう進み、新たな骨の形成が追いつかなくなる。すると、骨はスカスカになり、もろくなってしまう。

「女性の場合、40代後半から骨密度が減少していきます。骨に含まれるカルシウムの量(骨量)も40代半ばがピーク。骨と連動する筋肉は、それより以前に、30代から減っていきます」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.