くらし情報『こんな姿見たことない!? 『大誘拐2018』のバラエティ豊かな出演者たちの裏側』

2018年12月9日 19:00

こんな姿見たことない!? 『大誘拐2018』のバラエティ豊かな出演者たちの裏側

「おもしろくて隙のない原作ですが、時代とともに社会の状況や通信機器の進化、働き方、職場の上下関係など、さまざまな変化がありました。それに伴い、人の気持ちや考え方も変わってきています。原作を現代版に置き換えて物語を展開することにとても意義があると感じました」(市野P、以下同)

岡田演じる健一は、施設育ちの元ヤクザ。刑務所で知り合った平太(中尾明慶)と正義(森田甘路)を誘い、人生の一発逆転を狙って誘拐を企てる。ターゲットは、日本有数の大富豪の老婦・とし子(富司純子)。

誘拐犯3人組と事件の指揮を執るたたき上げの刑事・井狩(渡部篤郎)との攻防と思いきや、気づけば、頭脳明晰なとし子に翻弄される健一たち。身代金100億円をめぐる誘拐事件の顛末やいかに?

「60周年の作品ですが、これまでを振り返るというより、未来への新たなチャレンジに思いを込めたものにしたいと思いました。そして、その未来を今いちばん感じさせてくれる俳優、岡田さんにオファーしました。

とし子役は、品があって迫力がある女性。この2つを兼ね備えている富司さんにお願いしました。渡部さんも依頼を快諾、意欲的に臨んでくださっています。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.