くらし情報『津川雅彦さん、朝丘雪路さんが暮らした思い出の豪邸にはすでに新しい住人が』

2018年12月9日 16:00

津川雅彦さん、朝丘雪路さんが暮らした思い出の豪邸にはすでに新しい住人が

「1か月ほど前から工事をしています。もう次に住む人が決まっているので、家の中をリフォームしているんですよ」(不動産関係者)

朝丘さんが亡くなって8か月がたつ。長年彼女と親交があった『太常うどん銀座本店』のオーナーの川北操さんが当時を懐かしむ。

「10年くらい前にお店に来てくれて、共通の友人を介して仲よくなりました。ほんわかして優しい方でした。彼女は誕生日だけではなく、買い物中に“あなたに合うものがあったのよ”と言って、私によくプレゼントをくれました。シャツや指輪、着物などいろいろなものをもらいましたね」

川北さんは真由子とも仲がよく、最近の彼女の様子も教えてくれた。

■最近の真由子さん

「実は、7月に15人くらいで朝丘さんのお別れ会をやったんです。津川さんは来られませんでしたが、真由子さんや朝丘さんと親しかった人たちを中心に集まりました。

そのときは、まだ真由子さんはお母さんが亡くなったという実感がなかったみたいです。でも、お父さんも亡くなったことで、自分がひとりぼっちになったのがわかったんでしょう。最近は、ふたりのことを話しませんね」

ただ、悲しいことばかりではない。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.