くらし情報『史上最年少『M-1』覇者・霜降り明星、意外な優勝特典と冷や汗をかいたこと』

2018年12月7日 18:00

史上最年少『M-1』覇者・霜降り明星、意外な優勝特典と冷や汗をかいたこと

史上最年少『M-1』覇者・霜降り明星、意外な優勝特典と冷や汗をかいたこと
霜降り明星せいや(左・26)粗品(右・25)撮影/吉岡竜紀
結成15年未満による漫才日本一決定戦『M―1グランプリ2018』(テレビ朝日系)で、4640組の頂点に立った霜降り明星。

平成最後の大会となった今大会。ボケまくるせいやを、短いが的確なワードで次々とツッコんでいく粗品という新感覚漫才で、初の平成生まれコンビにして番組史上、最年少の優勝者に。

関係者によると「昨日の深夜の段階でオファーは60本。今もマネージャーの電話は鳴りやまない」状態。そんな2人に、大会翌日に直撃!

せいや「優勝後、LINEは400件ぐらい届きましたね」

粗品「僕は401件ぐらい(笑)」

せいや「そこ張り合わなくても(笑)。中でもうれしかったのは、2016年『M-1』チャンピオンでもある銀シャリの橋本さんの“お前ら天才だな、うらやましいわ”というメッセージ。この言葉にはグッときました。

敗者復活から勝ち上がって、決勝で一緒に戦ったミキの亜生も“ほんま、おめでとう!”って喜んでくれて……本当、いい奴ばかりです」

粗品「銀シャリの鰻さんからは“これからが勝負やな!”って、応援のメッセージが届きました。敗者復活で負けてしまった、からし蓮根の2人は仕事がないころから一緒にやっている仲間なのですが、ともになかなか結果が出なくて。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.