くらし情報『花田優一「靴職人の悪評」を離婚発表で目くらまし、頼りになるのは母親のみ』

2018年12月17日 16:00

花田優一「靴職人の悪評」を離婚発表で目くらまし、頼りになるのは母親のみ

今年の1月には貴乃花親方が理事を解任され、2月、理事選に落選。3月に貴乃花親方が内閣府に告発状を提出。そして貴公俊の付き人暴行事件があり、9月に親方が引退会見。10月に部屋が消滅し、この月の25日に親方と景子夫人が離婚。

11月に元弟子の貴景勝が九州場所で初優勝し、12月には貴ノ岩が今度は加害者になるという騒動が起きた。

花田優一も部屋の問題とは別に、何かと騒動を起こしてきた一人でもある。

「離婚理由は、不倫やマザコンなどいろいろといわれていますが、テレビで嫁を“コイツ”と言い、妹たちと一緒に入浴したりキスするなど、異様な兄妹の関係性ですよね。さらにトドメは、浮気で女性の自宅に一泊する姿を報じられたことが深く影響しているようです」(元後援会関係者)

肝心の本業だが、3年の修行のみで靴職人だと自称している優一が、靴のオーダーでトラブルになってお客が離れているようだ。

前金は取るが、納期に間に合わないなど、評判はガタ落ち。父の元貴乃花親方は「テレビなんか出てる場合じゃない」と呆れているが、所属していた芸能事務所からも解雇。靴職人としての未熟な腕も明らかになってしまった今、妻にも見捨てられ、切れた凧のような優一を支えているのはもちろん母親である景子さんだ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.