くらし情報『大塚範一「音信不通」の現在、ひとりで看病する姪が語った本当の健康状態』

2018年12月25日 06:00

大塚範一「音信不通」の現在、ひとりで看病する姪が語った本当の健康状態

’17年1月のラジオ出演を最後にメディアに出ていないので、スタッフ一同、本当に心配していますよ」(フジテレビ関係者)

現在も高視聴率をキープする『めざまし』を育て上げたのは、第1回放送から約18年もの間メインキャスターを務めた大塚アナの功績であることは誰もが認めるところ。それだけに、局側としても25周年という節目には、最大の功労者を迎えたいという気持ちが強かったのだろう。

そこで、大塚アナと連絡がとれないことについてフジテレビに問い合わせると、

《番組側と大塚範一氏側は連絡が取れる状況にあり、ご指摘のような事実は一切ございません》

とFAXで回答が寄せられた。

だが、実際に週刊女性が大塚アナの個人事務所に電話をしてみると、引っ越したため不通に。マネージャーの携帯に電話をしても、すぐに留守電になってしまい期限までに連絡は来なかった。NHKで大塚アナと同期だった佐塚元章アナも不安の色を隠さない。

「大塚は闘病中でも仲間内の集まりにちょくちょく顔を出していましたし、頻繁に連絡をとり合っていたのですが、1年くらい前からまったく連絡がつかなくなってしまって……。メールを送っても返信がないし、電話をしても折り返しが来ない。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.