くらし情報『「夫の男性不妊」「3度の流産」40代で2児を授かった加藤貴子が振り返る不妊治療』

2018年12月23日 17:00

「夫の男性不妊」「3度の流産」40代で2児を授かった加藤貴子が振り返る不妊治療

「夫の男性不妊」「3度の流産」40代で2児を授かった加藤貴子が振り返る不妊治療
加藤貴子
少子高齢化社会と呼ばれて久しい日本。第1子を出産する初産の平均年齢も年々上がり、’15年では30.7歳に。『高齢出産』と呼ばれるラインは35歳からだが、厚生労働省が’14年に発表した人口動態統計によると、35歳以上で出産した女性は4人に1人(26%)、そのうち初産は7人に1人(14.3%)で、高齢出産は決してレアなケースではなくなってきている。

40歳を越えて、不妊治療の末に2人の子どもを授かった加藤貴子(48)もそのひとり。高齢出産ゆえの苦労や悩んだことを、週刊女性の不妊治療記事でおなじみの、『西川婦人科内科クリニック』の西川吉伸院長(62)との対談で振り返ってもらった。

西川「第1子を44歳、第2子を46歳で出産なさっているけど、40代になったのは仕事が忙しかったからですか?」

加藤「仕事というか、子どもが欲しいという気持ちはずっとあったんです。私、32歳で今のパートナー、主人と交際して、子どもを授かったら入籍しようというスタンスで生活していたんです」

西川「そのころ、クリニックで診てもらってました?」

加藤「いえ、特には。ただ、自分で基礎体温をつけたり、尿キットで排卵日を調べることはしていました。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.