くらし情報『上沼恵美子、『M-1』騒動から20日もいまだにバズり続けるワケ』

2018年12月22日 16:00

上沼恵美子、『M-1』騒動から20日もいまだにバズり続けるワケ

上沼恵美子、『M-1』騒動から20日もいまだにバズり続けるワケ
『M-1』後もいまだに話題が絶えない理由とは
さすがに、もう収まるだろうと思っていたが、まだその兆しが見えない『M-1暴言騒動』。事態はついに、引退した『M-1』創始者・島田紳助氏の登場にまで発展。

週刊誌のインタビューを受け、後輩芸人に苦言を呈した。大御所の登場で、騒動はさらにくすぶり続けている。

「もともと、上沼恵美子に『M-1』審査員を要請したのは紳助さんでしたから、きっとどこかで、彼が発言するだろうと見られていました。インタビューをしたのが、引退後も何度か接触している『週刊文春』ではなく『週刊新潮』だったのは意外でしたが……」(写真誌記者)

騒動の中心に上沼がいなければ、これほど騒動が大きくならなかっただろうと言われている。

■騒動が長引けばいい

「上沼さんの存在は想像以上に大きかったということなんでしょうね。それは暴言を吐いたふたりにも理解できていなかったのかもしれません。ほかの審査員に対する暴言でしたら、ここまで大事にはならなかったと思います」(ワイドショースタッフ)

彼女が謝罪を受け入れていないことが、騒動が収束しない原因の一つでもあると思われるが、

「特に取材を受けなくとも、ラジオ番組やSNSで騒動に対してコメントする芸人たちが続出し、ネットメディアも取り上げてしまうので、なかなか話題が消えないんですね。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.