くらし情報『もっとも許せなかったのは? 「2018年やらかし王選手権」世間からの厳しい声』

2018年12月27日 19:00

もっとも許せなかったのは? 「2018年やらかし王選手権」世間からの厳しい声

44pt
9位正式に離婚が成立したものの世間を騒がせる松居一代38pt
10位パワハラ事件を起こした元日本レスリング協会強化本部長・栄和人 28pt

圧倒的1位は元TOKIOのメンバー・山口達也という結果になりました。ジャニーズの現役人気グループのメンバーであり、情報番組でキャスターを務めるほどの好感度の持ち主が、女子高生に対して強制わいせつを行った容疑で書類送検されるという特大スキャンダル。

2位の吉澤ひとみは記憶に新しいですよね。今年9月、飲酒運転のうえ、ひき逃げという言語道断の犯罪行為で懲役2年、執行猶予5年という有罪判決が下りました。初公判では20の傍聴席に1000人以上の長蛇の列ができるなど、世間の関心の高さがうかがえました。

このように好感度の高いタレントの“大やらかし”が目立ちましたが、芸能界のみならず、現在も盛んに報道されているカルロス・ゴーンも3位にランクイン。海外からは日本の検察の取り調べ姿勢に批判の声が聞かれますが、日本の会社を私物化し、金融商品取引法違反の疑いがかかる彼に対しては、日本社会の大きな憤りが感じられる結果となりました。

かたや弟子に対する暴力事件で毅然とした対応を取った結果、すったもんだで色々ひんしゅくを買ってしまった貴乃花元親方を筆頭とする“ファミリー”は6位にとどまっています。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.