くらし情報『もっとも許せなかったのは? 「2018年やらかし王選手権」世間からの厳しい声』

2018年12月27日 19:00

もっとも許せなかったのは? 「2018年やらかし王選手権」世間からの厳しい声

最近では暴行事件の被害者である貴ノ岩が暴行の張本人になったり、長男・花田優一の件もあり、1年通してずっと騒がせてきた人たちなわけですが、意外と票が伸びなかった印象です。

やらかしに対して世間が受け取るネガティブイメージは、必ずしも罪や報道の大きさに比例しないという見方ができそうですね。

■やらかした著名人に対するリアルな感情

さて、みごとに出そろった2018年の“やらかしメンバー”に対し、世間はどのような低評価を下しているのでしょうか? それぞれを選んだ人のコメントを見ていきましょう。(原則として原文ママ)

【1位山口達也
「まさか子供のころから当たり前に画面に映っていた人がパッといなくなると思わなかった。山口達也がアウトなのに、芸人とか、未成年と関係持ちまくっている他の人が活動を続けられる意味がよくわからない」(26歳・埼玉県)

「ZIP!や鉄腕ダッシュをよく見ていたので、このニュースを見た時本当にびっくりした。 アルコール依存症だったり、TOKIOのメンバーからも見放されてたし」(33歳・東京都)

「紅白に出続けているグループだし、国民的アイドルであり続けて欲しかったと思います。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.