くらし情報『安室奈美恵引退に沸いた2018年、あえて浜崎あゆみを「再評価」』

2018年12月27日 21:00

安室奈美恵引退に沸いた2018年、あえて浜崎あゆみを「再評価」

安室奈美恵引退に沸いた2018年、あえて浜崎あゆみを「再評価」
浜崎あゆみと安室奈美恵
12月20日、オリコンが発表した年間ランキングで、安室奈美恵がアーティスト別の年間売上ランキングで、190億円を記録し、2位の乃木坂46の103億円に大きく差をつけ1996年以来の1位を記録した。

安室はアルバム部門と音楽DVD/ブルーレイ部門でも、分野別の1位を記録。9月16日の引退をピークに、2018年のJ-POP界で最大の注目を集めたアーティストとなった。

■対して、浜崎あゆみは

「17年9月の引退発表から1年におよぶ“引退キャンペーン”が、ハマりすぎるぐらいハマりました。引退のニュースは、NHKが7時のニュースで取りあげたり、速報を出すほどでしたからね。アルバムやブルーレイの売り方なども含めて、キャンディーズの解散を超える盛り上がりになったのではないでしょうか」

と、ある芸能記者は語る。

「アムロはユーロビートのカバーから火が付き、小室哲哉とタッグを組んだことでさらに人気が拡大し、ミリオンを連発。90年代なかばには“アムラー”と呼ばれる彼女のスタイルをマネる女の子が大量に出現するなど、社会現象的な人気を獲得しました」

しかし、若い女性に人気で一時代を築いた“歌姫”といえば、浜崎あゆみの名前をあげる人も多いだろう。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.