くらし情報『CHEMISTRY堂珍、駆け込み離婚が成立のウラで元妻の“キビシイ現状”』

2019年1月9日 05:00

CHEMISTRY堂珍、駆け込み離婚が成立のウラで元妻の“キビシイ現状”

CHEMISTRY堂珍、駆け込み離婚が成立のウラで元妻の“キビシイ現状”
1月1日に離婚を発表した堂珍元夫妻
1月1日に、CHEMISTRYの堂珍嘉邦との離婚を発表したカリスマモデルの堂珍敦子。今後は芸名を“敦子”にして心機一転、活動していくことも同時に発表した。

「2人は’04年に結婚し5人の子どもをもうけましたが、末っ子である四男を出産した’14年に別居が報じられました。双方は否定しましたが、彼女の年賀状の家族写真には、それまで毎年写っていた夫の姿がありませんでした。結局、夫婦仲は戻ることなく、ピリオドを打つことになったのでしょう」(スポーツ紙記者)

■子育て、モデル業、専門学校

結婚当初は都内の高級住宅街で2億円ともいわれる豪邸に住んでいた。だが、’12年ごろにはそこを売却し、神奈川県内に引っ越している。

「このとき、敦子さんと子どもたちは新居に移りましたが、堂珍さんはレコーディングなどもあり、ほとんど家に帰らなくなったんです。実際に事務所が用意した都内のマンションが生活拠点になっていましたね」(レコード会社関係者)

彼女は現在、モデル業をしながら看護の専門学校に通っている。なんでも、助産師の資格を取ろうというのだが……。

「自身の子育てを通して、ほかの赤ちゃんの手助けがしたいという思いが強くなったとか。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.