くらし情報『中国人観光客が “爆買い” 卒業、新たに見つけた日本でのお金の使い方』

2019年1月13日 21:00

中国人観光客が “爆買い” 卒業、新たに見つけた日本でのお金の使い方

もうじき中国は、春節(今年は2月5日)。それに合わせて1月の後半から長期休暇をとった中国人が、日本にこぞって観光にやってきます。中国人観光客、イコール“爆買い”というイメージですが、最近ではそのお金の使い方の傾向が変わってきているというのです。
税理士で現役モデルの日沢新によるお金にまつわる連載『銭ちゃんねる』。今回は、変わりつつある中国マネーの話です。

中国人観光客が “爆買い” 卒業、新たに見つけた日本でのお金の使い方
写真はイメージです■“爆買い”に変化が起きた理由

中国人観光客が、1年のうちで最も多く日本に訪れるのは、“春節”の時期です。春節に合わせて長期休暇を取り、日本に観光にやってくる中国人を東京の繁華街を中心に、関西などでも多く見かけるようになるのが、ちょうど今頃から2月半ばくらいにかけてです。

これまで中国人観光客といえば、“爆買い”のイメージでした。しかし、“爆買い”がピークだったのは、流行語大賞になった2014年頃の話で、その後は年々緩やかに落ち着き、近年は中国人のお金の使い方が変わってきているというのです。

先日、知り合いの量販店員のYさんが、こんなことをおっしゃっていました。

Yさん「以前は持っているスーツケースには入りきらないくらいに、化粧品やサプリメントを買っていた。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.