くらし情報『胃ろうを拒み“平穏死”を選ぶ必然「最期をイメージできれば死ぬのも怖くなくなる」』

2019年1月17日 21:00

胃ろうを拒み“平穏死”を選ぶ必然「最期をイメージできれば死ぬのも怖くなくなる」

1986年『女が家を買うとき』(文藝春秋)での作家デビューから、71歳に至る現在まで、一貫して「ひとりの生き方」を書き続けてきた松原惇子さんが、これから来る“老後ひとりぼっち時代”の生き方を問う不定期連載です。

胃ろうを拒み“平穏死”を選ぶ必然「最期をイメージできれば死ぬのも怖くなくなる」
写真はイメージです第11回
石飛幸三先生のお話を聞いて感動したこと
「死ぬのは気持ちがいいらしい」
人生100年時代と言われるようになって久しいが、100年以上、生きたいと本気で思っている人がどれだけいるだろうか。友人の母親も今年で100歳を迎えるが、見た目は元気そうだが、頭も身体も年相応に弱ってきていて、見ているのが辛いと娘は語る。

著書『長生き地獄』(SBクリエイティブ)でも書かせていただいたが、死を考えるとき、苦しまずにスーと逝けますようにと、願うしかない。

昨年、「平穏死」を提唱されている石飛幸三先生のお話を聞く機会を得た。先生のご著書は何冊も読ませていただいているが、本で知るのと、実際に本人から聞くのでは、心への響き方が天と地ほど違う。改めて、足を運ぶことの大事さを痛感した。皆さんも、本を読んで共感したら、是非、著者の講演会に行って生で見てきてください。

石飛先生は御年83歳、世田谷区の特別養護老人ホーム「芦花ホーム」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.